ハッピーフォーチュン365日
My Natural Fortune&Life
2022年

突然ですが占ってもいいですか?カレンダー2022の予約と内容は?

毎週水曜の夜に放送されている『突然ですが占ってもいいですか?』の2022年のカレンダーが発売されることになりました。

その名も『とにかく「運がいい日」がわかるカレンダー』!

9月29日から全国の書店および、ネット書店にて予約の受付がスタートしています。

ということで、突然ですが占ってもいいですか?のカレンダー『とにかく「運がいい日」がわかるカレンダー』の予約ができる販売店舗やカレンダーの内容などを紹介していきます。

今回は『突然ですが占ってもいいですか?カレンダー2022の予約と内容は?』と題してまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 突然ですが占ってもいいですか?カレンダー2022の予約店舗は?
  • 突然ですが占ってもいいですか?カレンダー2022の内容

 

突然ですが占ってもいいですか?カレンダー2022の予約店舗は?

『突然ですが占ってもいいですか?』のカレンダーは、9月29日からすでに予約が開始されているようです。

ちなみに発売日は、2021年11月27日です。

突然ですが占ってもいいですか?のカレンダーは『とにかく「運がいい日」がわかるカレンダー』ということで、2022年の必須アイテムになりそうなカレンダーですよね。

予約ができる店舗や予約方法について調べてみました。

予約できる店舗一覧

フジテレビe_!ショップ

Amazon・付録付き

Amazon・付録なし

楽天ブックス

Yahooショッピング

全国の書店

※ピンク色の店舗名をクリックすると各サイトの販売ページにアクセスできます。

上記で紹介した店舗で予約をすることができます。

また、フジテレビe!ショップとAmazonでは特別付録付(1430円)のカレンダーが予約限定販売されています。

限定付録は「手のひらカレンダー」です。

特別付録がついていないカレンダーは1210円で、通販サイトによっては送料がかかる店舗もあるようでした。

また、各販売店舗によっては予約期間などが設定されている場合もありますので、注意してくださいね。

発売日予定日は2021年11月27日となっているようです。

 

突然ですが占ってもいいですか?カレンダー2022の内容

画像引用:突然ですが占ってもいいですか?公式Twitter

 

突然ですが占ってもいいですか?カレンダー『とにかく「運がいい日」がわかるカレンダー』の内容を簡単にまとめてみました。

・一粒万倍日、天赦日、大安、新月、満月など、2022年の「運がいい日」が一目でわかる!

・人気占い師による運気が上がるスポットや運気を上げる過ごし方を紹介

・アートディレクター森本千絵(goen°)による開運ムードが高まるカレンダー

一粒万倍日や天赦日、大安、新月、満月など占い的にいい日と言われているが一目でわかるようになっています。

画像引用:突然ですが占ってもいいですか?公式Twitter

 

毎週水曜22時〜放送中の突然ですが占ってもいいですか?に出演中の4人の超人気占い師による『運気が上がるスポット』や『運気をあげる過ごし方』なども紹介されているようです。

上のカレンダーを見てみると、伊勢神宮の写真とその右下には選んだ占い師さんの名前が明記されています。

また、カレンダーのデザインをアートディレクター・森本千絵(goen°)さんが手がけており、より一層開運ムードを高めるカレンダーとなっています。

このカレンダーを部屋に飾っておくだけで、良い運気が流れてきそうな雰囲気があります。

六曜などは、イベントごとなどで気にされている方も多いと思いますが、満月や新月などの日を願い事が叶いやすい日と言われているので、突然ですが占ってもいいですか?カレンダーを活用して、日々の開運アクションに役立てることができそうですね。

まとめ

今回は『突然ですが占ってもいいですか?カレンダー2022の予約と内容は?』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただけたら嬉しいです。

突然ですが占ってもいいですか?カレンダーの予約はネット書店や全国の書店にて受付中です。

また、限定付録の「手のひらカレンダー」が付くものは、フジテレビe!ショップとAmazonのみで予約受付中です。

発売日は11月27日となっているので、年末までには手元に届きそうですね。

内容は2022年の開運日や突然ですが占ってもいいですか?に出演の4人の人気占い師によるおすすめ開運スポットや運気が良くなる過ごし方などが紹介されています。

2022年を開運へ導くカレンダーとなってくれそうですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。