ハッピーフォーチュン365日
My Natural Fortune&Life
2022年

【星座占い】しし座の2022年ラッキーカラー&開運財布おすすめ3選!

星座占いは子供の頃から慣れ親しんでいる占いではないでしょうか?

誕生日から12の星座に分類され、それぞれの運勢や性格などを見ることができます。

そんな星座占いの中のしし座に注目して、2022年のラッキーカラーとラッキーカラーにちなんだ開運財布を紹介していきます。

また、財布を新調するのにオススメの吉日や時間、開運アクションなどもありますので一緒に紹介していきますね。

今回は『【星座占い】しし座の2022年ラッキーカラー&開運財布おすすめ3選!』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • 【星座占い】しし座の2022年のラッキーカラー
  • 【星座占い】しし座の2022年の開運財布オススメ3選
  • 開運財布の新調に最適の吉日と時間・開運アクションは?
  • 2022年の運勢や開運情報を知りたい人にオススメな方法!

 

【星座占い】しし座の2022年のラッキーカラー

2022年のしし座のラッキーカラーはサーモンピンクです。

2022年ラッキーカラー:サーモンピンク

サーモンピンクの画像【サーモンピンク】

 

サーモンピンクとは、文字通り鮭の身の色のような雰囲気のあるピンク系カラーのことで、ややくすんだ · ピンク色です。

2022年しし座のラッキーカラー・サーモンピンクは、共感力を高めてくれ、思いやりの気持ちも引き出してくれるでしょう。

2021年には、自分の力を試されるようなことが多かったと感じているかも。

2022年のしし座は、同じような状況が続くことになりそうです。

自己主張が強めのしし座は、『自分らしさ』と『周りの人との関係性』で悩むこともありそう。

2022年前半は、周りの人の気持ちを考えたり、尊重していくことで幸運が訪れそう。

自己アピールは控えめに、相手の気持ちを考える行動を心がけましょう。

 

【星座占い】しし座の2022年の開運財布オススメ3選!

しし座のラッキーカラーであるサーモンピンクのおすすめのブランド開運財布3選を紹介していきます。

ブランドの財布は、高機能であり製品の完成度も高く、デザインをよく材質も最高のものを使っています。

そんな最高の財布を持ち歩いているだけで気分も上がり、さらに幸運が舞い込みやすい体質へとなっていくでしょう。



 


上記で紹介した3つの財布は、本体がサーモンピンクのものや財布の内側にサーモンピンクが使われている財布になります。

アクセントにゴールドやシルバーが使われていることで、さらに金運アップへとつながりそうですね。

 

開運財布の新調に最適の吉日と時間・開運アクションは?

開運財布を新調する時には最適な日というのもがあり、吉日に購入したり、新しく使い始めることでさらに開運アップへとつながります。

まずは、開運財布を買うと良い吉日について紹介していきます。

開運財布は最強の吉日に購入&使い始めよう!

お財布といえばやはり『金運』ですよね。

金運の最強の吉日となるのは、一粒万倍日と天赦日の両方が重なる日です。

残念ながら、2021年にはもう最強開運日はありません。

【2021年12月の開運日】

12月 3日(金) 一粒万倍日
12月 4日(土) 一粒万倍日
12月 8日(水) 寅の日 不成就日
12月11日(土) 巳の日
12月17日(金) 一粒万倍日
12月18日(土) 一粒万倍日
12月20日(月) 寅の日
12月23日(木) 巳の日
12月29日(水) 一粒万倍日
12月30日(木) 一粒万倍日

 

しかし、2022年になると最強開運日がすぐに訪れますよ。

2021年12月〜2022年の最強開運日

1月11日(火) 一粒万倍日+天赦日

3月26日(土) 一粒万倍日+天赦日+寅の日 ※超最強開運&金運アップ!

6月11日(金) 一粒万倍日+天赦日

2022年には最強開運日が3日間あり、その中でも3月26日(土)が超最強の開運&金運日となります。

金運アップの吉日とされる「一粒万倍日」「寅の日」「巳の日」吉日の中でも最高の開運日と言われる「天赦日」に開運財布を購入したり、使い始めるのがオススメです。

他にも、宝くじを買うなど金運にまつわることをしたり、何かを決断したり、始めたりするのにも良いタイミングですので、参考にしてみてくださいね。

財布を使い始める時間は夕方〜夜

財布を使い始めるのに良い時間もきまっています。

財布の使い初めに最適な時間:17:00〜23:00

この時間は、最も金運や財運の気が高まる時間と言われています。

財布を使い始めにする開運アクションは寝かせる事

また、時間だけでなく開運アクションもあります。

それは、『財布の使い初めは寝かせる!』ということです。

財布の寝かせ方は…

新しい財布に新札を入れて、紫か黄色の布で包み、北の方角の静かな場所に9日間寝かせる。

他にも、財布を下ろす前にお風呂に入って身を清める、満月に照らされながら中身を移す、

財布の中に月の明かりを当てる、などがあります。

新しい財布を使い始める際には、これらのことも意識して行われるとより開運アップされるとおもいますよ。

2022年のしし座は、ラウンドジップの財布もオススメです。

 

2022年の運勢や開運情報を知りたい人にオススメな方法!

ここまでは、2022年のしし座のラッキーカラーや開運財布を紹介してきました。

この記事を読んでくださっている方の中には『2022年の運勢を知りたい!』『開運情報も知りたい!』という人も多いのではないでしょうか?

そんな時におすすめなのがこちらのココナラ電話占いです。

    (↑バナーとクリックするとサイトへアクセスできます。)

 

ココナラ電話占いの特徴

いきなりココナラ電話占いの特徴がおすすめですよ!と言われても、どんなものなのか?や実際に体験した人の評判なども気になりますよね。

ココナラ電話占いの特徴は…

  • 占い鑑定師が2,500人以上在籍で国内最大級
  • 1分100円からのお値打価格
  • ユーザー満足度97%超
  • レビューや評価を元に、お気に入りの占い師を見つけられる
  • 占い師ごとのレビューが豊富
  • 業界で唯一テレビCMを放映している上場企業が運営している信頼できるサービス

というように、お値打ちな料金で気軽に占いを受けることができます。

また、ココナラ電話占いを利用した方の満足度は97%とかなり高いことがわかります。

また、占い師や占いの種類もとても豊富でどの占いにしようかと迷ってしまいそうですが「どの占いがいいの?自分に合った占い師さんに出会える?」という方も安心してください。

ココナラ電話占いは、レビューが豊富なので、判断がしやすく、利用した方のレビューや評価を見て自分に合った占い師さんを見つけることが可能なんです。

ココナラ電話占いを運営しているのは、大手の上場企業で業界では唯一テレビCMなども放映している信頼のできるサイトなんです。

また、今なら新規登録で3,000円分のクーポンがゲットできるんです!!

3,000円分というと、30分無料で占い相談ができてしまうということです。

ココナラ電話占いはこんな方にオススメ!

占いと言っても、種類や内容は様々ですよね。

そこでココナラ電話占いはこんな方にオススメということでまとめてみました。

ココナラ電話占いはこんな方にオススメ!

  • 片想いの悩みや、彼氏・彼女に対する不安、夫婦関係の悩みなどを持つ方
  • 日々の生活や将来について漠然とした不安を抱えている方
  • 今すぐ誰かに聞いて欲しい、だけど友達には話せないから悶々としている方
  • 2022年に何か始めたい、どうしたら良いか分からない?という方

カウンセリングは電話かオンラインのため、家にいながら気軽に相談することができるのもとても便利ですね。

また、コロナ禍の今は直接会っての診断より電話やオンラインの方が安心して占いを受けることができますよね。

なかなか思うように人と会うことができないと気持ちも滅入りがちですが、そんな不安な気持ちや誰かと話したいという時にも、気軽に利用することができます。

もちろん、友達や家族に相談できないディープなお悩みを解消するためにも、お役に立てるサイトだと思います。

 

新規登録するだけで3,000円分のクーポンをゲットすれば、30分無料で占い診断を受けることができますので、まずは気軽に登録から!


まとめ

今回は『【星座占い】しし座の2022年ラッキーカラー&開運財布オススメ3選!』と題してまとめてみましたがいかがでしたか?

参考にしていただけたらうれしいです。

しし座の2022年のラッキーカラーは『サーモンピンク』です。

今回オススメした開運財布3選以外でも、サーモンピンクを基調にしたものや内側にサーモンピンクが使われているものなど、自分のお気に入りの財布を見つけてくださいね。

また、2022年の運勢や開運情報をもっと知りたい方には、ココナラ電話占いがオススメ!



⬆︎こちらのバナーをクリックするとココナラ電話占いサイトへアクセスすることができます。

今なら新規登録で3,000円分のクーポンをゲットできますよ!

また、紹介した開運財布の新調に最適の吉日や時間、開運アクションも参考にしながら、2022年の開運&金運アップへと導いていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。