ハッピーフォーチュン365日
My Natural Fortune&Life
新月・満月・流星群

おうし座流星群の見える方角と時間は?ピークは2回!願い事の由来や言い伝えも

日本では冬になると流星群が多く到来しますが、2021年11月にはおうし座流星群を見ることができそうです。

そして、おうし座流星群では放射点が南と北に分かれており、それぞれ「おうし座南流星群」「おうし座北流星群」と言われています。

ですので、流星群のピークが南群と北群にそれぞれあり、2回ピークを向かえることになります。

なので、それぞれの見える方角や時間などについても気になりますよね。

「流れ星に3回願い事をすると叶う」という言われていますが、由来や言い伝えなども調べてみました。

今回は『おうし座流星群の見える方角と時間は?ピークは2回!願い事の由来や言い伝えも』と題してまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • おうし座流星群の見える方角と時間は?ピークは2回!
  • おうし座流星群・当日の各地のお天気は?
  • 流れ星の願い事の由来や言い伝えは?

 

 

おうし座流星群の見える方角と時間は?ピークは2回!

おうし座流星群を観測するのに、見える方角とピーク時間を調べてみました。

おうし座流星群にはピークが2回あるようなので、それぞれの方角や日時を紹介していきます。

1回目【おうし座南流星群】11月5日

おうし座南流星群のピークは2021年11月5日に迎えます。

見える方角とピーク時間は以下の通りです。

方角:全天をくまなく見ると良い(見えにくい場合は東側)

ピーク時間:11月5日 21時ごろ

おうし座南流星群の出現期間は9月10日~11月20日ごろとなっていますが、11月5日が「極大」と言われるピークを迎えます。

流星は基本的には一晩中流れていますが、21時ごろがピークになります。

また、11月5日は新月に近いことから、月の明るさに邪魔される心配もなさそうです。

11月5日の21時ごろ〜11月6日5時ごろ(日の出1時間前ごろ)までが見ごろとなります。

極大1時間当たりの流星数は2個程ですが、「火球」と呼ばれる明るい流れ星が多く流れます。

2回目【おうし座北流星群】11月12日

おうし座きた流星群のピークは11月12日に訪れます。

見える方角とピーク時間は以下の通りです。

方角:全天をくまなく見ると良い(見えにくい場合は東側)

ピーク時間:11月13日 0時ごろ

おうし座北流星群の出現期間は10月20日~12月10日となっています。

最も活発になるのは11月12日ですが、月が沈む11月13日0時ごろ〜5時15分ごろ(日の出1時間前ごろ)までが見ごろとなります。

極大1時間当たりの流星数は南群と同じく2個程度で、「火球」と呼ばれる明るい流星が多く流れるようです。

ただし、おうし座北流星群のピークになる11月12日は半月となっているため月の明るさが少し影響して見えづらい可能性もありそうです。

火球って何?

火球とは、流星の中でもひときわ明るい流れ星のことでおうし座流星群でも火球が見られる可能性がありそうです。

過去には、おうし座南流星群の期間で1日あたり7個程見られたこともあり、通常の20倍以上の火球を見ることができたそうです。

そんな火球の大量発生位が次回見られるのは2022年となっています。

実際に2021年1月20日にも、火球が観測されています。

これほどの明るさの流れ星なら見逃すことなく、しっかりと観測できそうですね。

火球が現れるかにも注目しながら、おうし座流星群を観測してみてくださいね!

 

そして、Twitterでも2021年11月5日の南群のピークの時には火球を見たとの投稿がされていました。

おうし座流星群・当日の各地のお天気は?

せっかくの流星群の到来でも、夜空を見ることができなければ流星群の観察も難しいですよね。

そこで、おうし座南流星群が見られる11月5日と、おうし座北流星群が見られる11月12日の各地の天気予報紹介します。

11月5日の天気予報

札幌 曇り時々晴れ

仙台 晴れ時々曇り

新潟 曇りのち晴れ

金沢 晴れ時々曇り

東京 晴れ

名古屋 晴れ

大阪 晴れ時々曇り

広島 晴れ

高松 晴れ

福岡 晴のち曇り

鹿児島 晴のち曇り

那覇 曇り

 

11月12日の天気予報

札幌 曇り一時雨

仙台 曇り時々晴れ

新潟 曇り一時雨

金沢 曇り一時雨

東京 晴れ時々曇り

名古屋 晴れ時々曇り

大阪 晴れ時々曇り

広島 晴れ時々曇り

高松 晴れ時々曇り

福岡 曇り時々晴れ

鹿児島 曇り時々晴れ

那覇 曇り時々晴れ

 

各地観測しやすいピーク時間にはお天気が良いところが多そうですね。

ただしあくまでも予報になるので、当日の観測時間には天気が回復しているところもあるかもしれませんので、てるてる坊主に願い事をするといいかもしれませんね。

流れ星の願い事の由来や言い伝えは?

「流れ星が流れている間に3回願い事を言えると叶う」ということをよく耳にしますが、本当にそうなんでしょうか?

そんな流れ星に関しての由来や言い伝えがあるかどうかが気になったので、調べてみました。

結論をお伝えしますと、

由来や言い伝えなどはわかっていません。

ということです。

諸説あるようですが、日本にはキリスト教の伝来と共にヨーロッパから伝わったのではないか、と言われています。

ウラル・アルタイ系民族の古い伝承が由来になっているということで、その内容をまとめてみると…

神様はときどき天界の扉を開けて外界の様子を見ていて、その時に天の光が漏れて流れ星として地上からも見えるとされていました。

そんな流れ星が見えている間は天界とつながっているので神様が願い事を聞き届けてくれる、と言われている。

ちょっとロマンティックなお話ですが、星が流れている時間って本当にあっという間に過ぎてしまいますよね。

流れ星に願い事をするコツはあるのでしょうか?

それは以下の文章を読むとヒントがあります。

言うまでもなく、流れ星が見えるのはほんの一瞬。その一瞬の閃光に間に合うように願い事を言うためには、星が見えてから考えるのではダメだし、星が見える前に「こう言おう」と思っていても、上手く行かないもんだ。日頃から、自分がどんな願いを持っているかを、真剣に考えて考えて・・・反射的にその言葉が出るようになっていないといけない。

そして、それくらい真剣に自分の願いを考えていると、自ずから思考回路や行動や言葉遣いは変わっていくし、流れ星を待たなくてもその願いにアプローチするようになる。つまり、その時点で願い事は「叶いやすい」状態になっているんだ。

流れ星に願いを言うと叶う、というよりも「流れ星に託せるほど磨き抜かれた願いは、流れ星の有無にかかわらず、叶う蓋然性が高い」と言った方が、分かりやすいかもね。

引用:https://blogs.itmedia.co.jp/mahyan-cpa/2014/07/post_15.html

実際には、流れ星が流れ終わるまでのほんの一瞬の間に願い事をするのは「不可能に近い」ということです。

ですが、常日頃から強く心で願い事を意識することで、それが思考や行動、言葉などに表れ、願いを叶えるためのアプローチをするようになり、願いが叶うと言っています。

ですので、流れ星に願い事をするのではなくて、いつもそうなりたいと願いことで自然と意識が向けられ、それが叶うためにはどうしたら良いかを考え、行動や言葉となって現れることで願いが叶っていくということです。

ですので、皆さんも流れ星にお願いをするよりも、しっかりと願い事を意識しておくと良いと思います。

まとめ

今回は『おうし座流星群の見える方角と時間は?ピークは2回!願い事の由来や言い伝えも』と題してまとめてみましたので、参考にしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。